大山恵みの里公社

大山の恵まれた風土の下に産まれる、作り手のこだわりと温もりがぎゅっと詰まった安心・安全の地元産 。 大山恵みの里公社は地元の思いと愛情を繋ぎます。

2009年2月17日・18日 第2回ブログ講習会

本文

満員御礼 うれしい悲鳴
定員オーバーにより、今回は2回に分けて開催

1回目が開催されてから約20日。
前回の講習会が話題となったのか、今回の申し込みは定員オーバー。

教室となる名和公民館のPCルームのパソコンが10台しか設置されていないため、急遽2回に分けて開催することに。
関係者にとっては対応に追われる分、何ともうれしい悲鳴となりました。

前回もそうですが、年齢は幅広く、下は20代、30代の方がいれば、上は60代、70代の方まで。

両日とも、地元の生産農家が中心とあってか、ブログの製作内容は自らが愛情をこめて作る野菜、フルーツなどの話題が中心ですが、少しでも自分達のこだわりが、そして思いが消費者のみなさんに伝わるよう、みなさん懸命に慣れない手つきでキーボードを叩く姿が何とも微笑ましかったですね。

少しでもそういった方々のサポートができるように・・・。
私達スタッフは、様々なお手伝いをさせていただこうと思っています。

負けてられないな~~。
ページのトップへ